風俗の事は私におまかせ

あれは…ガチですね

あの日のソープ嬢はガチというか、これまでの風俗でも初めてでした。それは快感でどんどん涙目になっていくし、目が開いていくというか。これは本気で感じてくれているんじゃないのかなって思ったら、ますます自分の気持ちがエスカレートしていきました。快感に向かって一直線。そして誰も止められないかのような状態でのプレイは、お互いが本能を剥き出しにしたとても刺激的な時間を過ごすことが出来たんじゃないのかなって思いますね。それに、やっぱり風俗ってこうしていろいろなことを楽しめるのが面白いのであって、常にいろんなことにチャレンジするべきだなとも思いました。確かに風俗っていろんな楽しさが待っていますけど、次第に予定調和というか自分の好きなスタイルに落ち着いてしまうものじゃないですか。でもそれは勿体ないことだったんだなって。もっともっと貪欲に、いろんな風俗嬢と遊ぼうって気持ちを持つことによって更なる快感が待っているんだなって。